シリーズ名:その他の仕事
タイトル:ヘフツィール物語
出版社:未知谷


初版 2015年10月

ナースチャが生まれると、おはなしの国にも
ウサギのペトローヴィチが生まれました。
ナースチャがパパにおはなしをせがむたび、
やさしいペトローヴィチの冒険が次々と。
時々、ナースチャにも会いに来て……。


タイトル:ねんねのおとがきこえるよ
出版社:白泉社
icon_saku.gif

初版 205年7月

「ねんねのじかんだよ みんとちゃん。
 あれれ きこえてくるのは だれのこえ…?
 新しい おやすみ絵本の 誕生です。」


  • 2015.06.29

ここが すき


タイトル:ここが すき
出版社:こぐま社
icon_saku.gif

初版 205年7月

「わたしの すきなところ どーこだ?
 ぼくの すきなところは どこだとおもう?」


シリーズ名:きたやまようこ みこちゃんのせいかつえほん
タイトル:ただいまー
出版社:偕成社
icon_saku.gif
Amazon.co.jpで詳細を見る

初版 2011年12月


ただいまーと帰ってきたみこちゃんはどろんこ。ぼうし、ながぐつ、洋服ぬいでもまだどろんこです。北山葉子のデビュー作、新装版ボードブック!



シリーズ名:きたやまようこ みこちゃんのせいかつえほん
タイトル:いただきまーす
出版社:偕成社
icon_saku.gif

Amazon.co.jpで詳細を見る


初版 2011年12月


おなかがすいたみこちゃん。小さないすとテーブルをもってきて待っていたら、、おさらやコップがやってきました。北山葉子氏のデビュー作新装版。


シリーズ名:きたやまようこ みこちゃんのせいかつえほん
タイトル:またあしたね
出版社:偕成社
icon_saku.gif
Amazon.co.jpで詳細を見る

初版 2011年12月


うさぎさんやりすさんたちと遊んでいたみこちゃん。夕方になってみんなに「またあしたね」と手をふります。北山葉子氏のデビュー作、新装版です。



シリーズ名:あんしん子育てすこやか保育ライブラリー5
タイトル:54の正しい知識で赤ちゃん・子どもを病気から守る!
監修:石橋涼子
出版社:すばる舎

Amazon.co.jpで詳細を見る

初版 2011年5月28日

「どうしたら、赤ちゃんを病気から守れますか?」は、はじめて赤ちゃんを授かったお母さんのよくある質問です。
本書はベテラン小児科医であり、お母さんとしての先輩でもある石橋涼子先生が、よくある子どもの病気体の心配ごとをやさしく、わかりやすく解説したものです。
子どもの身体や病気のことを正しく理解することで、不安や迷いがしずまります。
情報にふりまわされず、赤ちゃん子どもにゆったり向き合ってみましょう。



シリーズ名:あんしん子育てすこやか保育ライブラリー3
タイトル:子どもと親が行きたくなる園
監修:佐々木正美
著者:寺田信太郎/深野静子/塩川寿平/塩川寿一/落合秀子/山口学世
出版社:すばる舎

Amazon.co.jpで詳細を見る

初版 2010年10月22日

子どもの輝きに親も保育者も感動しともに育ち合う園の文化が育まれる!
子どもの安全、家庭支援、早期教育、公立保育園民営化、保育環境、支援が必要な子との共生…。保育の主要テーマに、独自の哲学でユニークな保育を創り出した、魅力あふれる園の考え方と実践例を紹介。子どもだけでなく、親も行きたくなる園はどんな工夫をしているのかがよくわかる。



シリーズ名:あんしん子育てすこやか保育ライブラリー4
タイトル:これでスッキリ!子育ての悩み解決100のメッセージ
著者:大豆生田啓友
出版社:すばる舎

Amazon.co.jpで詳細を見る

初版 2011年4月23日

ネット、口コミ、いろんなことが言われているけど…どれが本当? 結局、どうしたらいいの?
1~6歳児のお母さんが抱えがちな100の「知りたい」「確かめたい」疑問に、幼児教育の専門家が答えます。子どもの行動の理由がよくわかり、子育ての場面で役立つ考え方の理解が深まります。困ったときに、すぐに開いて、あんしんできる1冊。
子も親も、みんな一人ひとり違うから、育て方もみんなそれぞれ。あせらなくても、だいじょうぶ!



シリーズ名:あんしん子育てすこやか保育ライブラリー2
タイトル:子どもの気持ちがわかると子育ては、もっと楽しい
著者:佐々木正美
出版社:すばる舎

Amazon.co.jpで詳細を見る

初版 2010年4月

ママ、せんせい、おこらないで!!
「わがまま」「おちつきがない」「反抗的」…保護者や保育者の、よくある30の「困った!」に、佐々木正美先生が、わかりやすく答えます。
「子育て」とは、「できるかどうか」よりも、「やろうとする気持ち」を育ててあげること。子どもの気持ちに寄りそって、「あせらず」「比べず」「ありのままを受け入れて」「待つ」。ココがわかると、育児・保育がこんなに楽しくなる!